2017.1.28

まちの観察のために、地元の近くの常盤、森下へ。

最近人気の清澄白河とは、川を挟んで隣町にあたります。

エリアの中心に小学校と神社があり、隅田川、小名木川の2本の川に囲われていて、川を渡れば清澄公園も近く、のんびりできる場所が多いエリアです。

個人企業が多いようで、生活と仕事の距離ががとても近くに感じられます。

そのためか、深川丼を食べに割烹みや古に入ると、子、親、祖父母の3世帯の家族が何組もいました。

下町らしく家先に植物が豊富で、家 + 一本の木がこの街のテッパンみたいです。

普段着の生活が漂う、ゆったりとした時間が流れていました。

鎌松亮 ryokamamatsu

Arrow
Arrow
0185ab1df5ca574c26a13e45ee35275acc947a10bf
Slider