2019.6.18

解体予定の古民家から頂いた、型板ガラスが欄間として蘇りました。

昔のガラスは脆いから上手くいくか、薄いところもあるから割れるのではないか。懸念事項は多々ありましたが、一発成功でなんてことはなかったようです。

いい雰囲気ですね。押入れの扉やヘキサゴンタイルも貼られて、徐々に仕上がってきてるのが目に見えてきています。

今週末23日日曜日には内覧会を行います。
お時間ある方は是非、完成形を見に来てください。

鎌松亮 ryokamamatsu

previous arrow
next arrow
Slider