about | note architects

about note architectsについて

concept

文脈を読み解き、本質を形にする。

建築の設計は、様々な文脈を読み解くことから始まります。
建築における文脈とは大きく3つ。まずは敷地や街並み、文化、気候などの「環境的なもの」です。
次に法律、条例などの「社会的なもの」、最後にライフスタイル、予算、建築の目的などの「お客様に関わるもの」が挙げられます。
これら3つの文脈を読み解き、本質を形にすること。それが建築設計の真髄だと考えます。
本質を追求することで、“その場所だからできる建築”が実現できます。

service

  • ・建築、内装の企画、設計、工事監理
  • ・中古物件リノベーションの企画、
    設計、工事監理
  • ・家具、プロダクト、グラフィックなどのデザイン
  • ・遊休不動産(土地建物)の調査、鑑定、活用方法の相談
  • ・その他これらに付帯する業務
お客様の暮らしや働き方、建築の目的などをお聞かせいただき、お一人お一人に合った建築をつくっています。長く使われる質の良い建築をつくるためには、十分な時間と相応の予算が必要となります。またnote architectsには標準プランや標準仕様というものがありません。その場所や暮らしに合わせていくための多くのアイディアの引出しを用意しています。その引出しの中から、時間をかけて素材を選び、プランを考えつくり込むことで、質の高い建築を提供しています。

profile

鎌松亮 ryokamamatsu 一級建築士

1985年 東京都生まれ
2008年 慶応義塾大学理工学部システムデザイン工学科卒業
隈研吾研究室
2010年 慶應義塾大学大学院 修士課程修了
隈研吾研究室、ダルコ・ラドヴィッチ研究室
2010 – 2016年 株式会社石本建築事務所勤務
2016年 - note architects 設立

office

note architects

〒135-0022 東京都江東区三好2-6-10 NAGAYA清澄白河
一級建築士事務所 東京都知事登録 第60991号
mail:info@note-arch.com
Facebook 、Instagram:@notearchitects